ようこそNPO法人日本ウニマへ!

世界中の人形劇人がメンバーです。
人形劇活動に関心のある人なら、プロでも、アマでも、どなたでもメンバーになることができます。


このバナーは、自由にお使いください。
リンク・フリーです。

ウニマって どんなとこ?
ウ ニ マ の 概 要
日本ウニマの組織  日本ウニマの活動
日本ウニマ会員入会のご案内
団体会員および会員の所属する団体

日本人形劇年鑑「日本の人形劇」
掲載のためのお知らせ

April. 17, 2019更新

ウニマからのお知らせ

今年度の日本人形劇年鑑2018「'18日本の人形劇」
                
(日本ウニマ編)
発行日:2019年2月21日
 「'18日本の人形劇」電子版(e-Book)はこちら

電子版はウェブブラウザでの閲覧ができます。

年鑑の表紙が表示されましたら矢印をクリックすると次ページ表示。

メニューの目次を選び目的ページをクリックするとそのページに移動
できます。

電子版の年鑑は次号発行時に更新されます。

 著作はNPO法人日本ウニマに帰属しております。
 無断での流用や使用はおやめください。
 調査、研究等に利用したい場合もお知らせください。

NPO法人日本ウニマの会員、グラフィティと広告掲載団体の方はオフラインで見られるダウンロード版を提供いたしますので、事務局までご連絡ください。

ウェブ版の「日本の人形劇」が書籍版と同様のモノクロ表示になったことをご了承ください。

copyright : unima-japan
Yearbook of Japanese Puppetry '18

From Twitter

WORLD PUPPETRY DAY
3月21日は「世界人形劇の日」!

★世界人形劇の日公式ポスター

国際ウニマWebsiteからダウンロードできます。
http://www.unima.org
フランス語・英語・スペイン語・日本語など各国語版が
用意されています。


(世界人形劇の日2019公式ポスター)

UNIMA「世界人形劇の日」国際メッセージ2019

「ウニマは90歳の若さ」
                           
ウニマ会長 ダディ・D・プドゥンジィー

 親愛なる友人のみなさま、私たちと共にある全世界のウニマ会員と敬愛する同志のみなさま、ようこそいらっしゃいました!
 2019年のウニマ世界人形劇の日の国際メッセージを依頼された時、私は言葉に尽くせないほど感動しました。私たちの国際人形劇連盟(ウニマ)の90周年にみなさまにメッセージを送ることは、光栄な特別なことです。
 世界最古の国際演劇組織であることは名誉です。伝統、才能、想像力、激務。これらがウニマを支える柱であることは、歴史や遺産を振り返ってみれば明らかです。創立者たち、そして独創的な仕事をなしとげた人たち、そのひとりひとりが人形劇の世界を作り上げてきました。私たちと共にいる人たち、思い出の中の人たち、彼らの理想や価値観や芸術的遺産や、なによりも共感が、全世界90カ国以上にあるセンターや代表者の中に生きています。
 設立当初からウニマは養成や支援や交流で知られており、創造的な発想と思考と仕事を共有する場でした。今、ウニマ90周年に、私たちは次世代の若い人形劇人に対して責任があります。彼らは伝統と現代の人形遣いたち、想像力や創造性や意見の最も美しい本質を創り上げる人たちです。あえて言うなら、今の私たちは橋の上にいて、先の世代の荷物を運びつつ、自分達を改革しながら、明るく前向きな未来を見つめているのです。
 現在の私たちは、人形劇とウニマに計り知れないほどの好機をもたらす技術と革新の時代に生きています。それは、新たな観客と関わること、物語をもっと生き生き伝えるように劇人形を用いること、そして、私たちの仕事を広めて発表していくための新たな枠組みのことです。
 でも、どうしてウニマ?と、人が言うのを聞くことがあります。私の答えは、ウニマは世界の人材とつながるグローバルな家族だということです。このことがウニマのありようを作り、この団体があらわすものを決定づけています。全世界に自発的な個人が大勢ひかえていて、力を貸したり、才能を育てたりする用意があるのです。
 人が命を与える様式の、何がそれほど魅力的なのでしょう? それは、無生物が生物になるということでしょうか。そして、人間俳優にはできないどころか許されもしないような言葉をいくらでも語れること、あるいは、主体を操作する創造主になれるからでしょうか。いずれにしても劇人形は世界中に出現して、遊んで、戦って、愛して、私たちの記憶を現在につないできました。新しい世代には、過去の価値観や伝統をつかんだ上で新しい発想に向かってしっかり開いていくようにと伝えています。
 愛情を、人形劇芸術にだけではなく、民族や文化の違いを理解するように向けていきましょう。今日、この祝日に、お互いに近寄って、すっかりきれいにしなくてはなりません。ウニマという団体と人形劇という表現様式によって、私たちは人として最も高貴な価値を推し進めていくことができます。平和、そして、出自や政治的宗教的信条の違いにかかわらない相互理解、それは国連の世界人権宣言にうたわれている基本的人権を尊重することです。現在90カ国以上にあるウニマは、人形劇を実践して研究して歴史となる、この芸術様式に熱意を持っている人々の交流と共有の基盤です。
 世界人形劇の日に。団体として、これほど多くの人々と世界中の地域社会とつながっていることをとても嬉しく思います。特に、これがなければ人形劇に接する機会すらないような不利な地域ともつながっていることに。ウニマ会長として、みなさまと活動できることは光栄であり特権と思っています。会長として旅をして人に会い、世界中の人形劇関係者に出会って、大きな一体感を感じました。状況がどんなであろうとも、会員が前に進んでいっていること。そして、出会えば必ず笑顔と、考えや発想の交流があります。大いなる友情をはぐぐみ、世界中に家族ができました。それは私のこれからの人生でも変わることはないでしょう。
 感謝しています。

ダディ・D・プドゥンジィー
ウニマ会長

ダディ・D・プドゥンジィー Dadi D. Pudumjee 経歴

インドの現代人形劇芸術家、演出家。出身地プーナで趣味として人形劇を始め、経済学を学んだ後、国立アーメダバードデザイン研究所・視覚コミュニケーション科に所属。アーメダバードでは、ダルパナ舞台芸術アカデミーのメヘル・コントラクター主宰の人形劇部門に参加し、趣味の人形劇を専門的活動に発展させた。
1972年、シャルルビル・メジエールの国際人形劇フェスティバルとウニマ大会に出席。ここで多くの人形劇関係者や、彼らの芸術と遺産に出会い、今日まで続いている。
1976年にはスウェーデンウニマとスウェーデン研究所の奨学金を得て、ストックホルムの人形劇研究所でミカエル・メシュケの元で学んだ。そこで、日本の大阪から来た名人形遣い吉田簑助(訳注)による文楽人形の操演ワークショップに参加した。
後に、ストックホルム拠点の児童青少年劇団に参加、ギュンターヴェッツェルの元、人形劇と創作劇の指導者として活動した。
その後、各地で仕事をしてきた。ドイツ民主共和国ベルリン人形劇場では、人形劇演出家として。インドのサットラーダー人形劇場(デリー)では創立者および演出家として(1980年-1986年)。同じくインドのイシャラ人形劇場で、創立者および演出家として(1986年から)。現在はイシャラ人形劇場の管理受託者であり、2019年に第17回を迎えるイシャラ国際人形劇フェスティバル(デリー)のキュレーターでもある。
テレビ番組、連続物、展示、パビリオン、ダンス公演、オペラ、祝典に人形を提供してきた。
IGNCA1998の人類と仮面展のキュレーターを務めた。デリーのサンジート・ナタク・アカデミーの収集品からプトルヤトラ劇人形展をトローサ(スペイン)に出した。
2002年チェンナイにてUNIMAアジア太平洋委員会を、2004年デリーにてUNIMA執行委員会を準備した。 人形劇と関連分野のコーディネーターとワークショップリーダーとして、デリーや海外で様々な行政機関や学校や施設に出向き、インドウニマの上級者コース・初心者コースで学生を指導している。
HIV/AIDSのためのUNESCO EUプロジェクトとSBT DELHI(サラムバラク・トラスト・デリー)の薬物乱用対策プロジェクトの指導者とプロジェクトリーダーとして、HIVと薬物乱用の意識向上のために、デリーとその近郊で100回以上、人形劇上演を行った。このプロジェクトのための3作品「チュノウティの挑戦」「ナズレ・コロ」「チャクラヴュ」は、デリー、チャンディガル、ムンバイ、デヘラードゥーンの学校や地域社会やNGOで上演した。
ダディ・プドゥンジィーとイシャラ人形劇場は、日本、オーストラリア、インドネシア、中国、スリランカ、ロシア、ウズベキスタン、イラン、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、スイス、スペイン、イタリア、ドイツ、英国、スコットランド、カナダ、米国、ブラジル、メキシコで、上演や発表やワークショップの実績がある。 肩書き
ウニマ(国際人形劇連盟)会長 3期目 www.unima.org
ウニマ副会長 執行委員 1992-2004
ウニマ アジア太平洋委員会 元会長
インドウニマ 元会長
インドウニマ機関紙サットラーダー 初代編集長
サンジート・ナタク・アカデミー2019年評議員
国立チェンナイ民俗支援センター評議員
パールシー・ゾロアスター・プロジェクト・メンバー(ユネスコ有形文化遺産保存プロジェクト) 人形劇に関する受賞
パドマ・シュリ賞 インド大統領より、2011年3月
サンジート・ナタク・アカデミー 人形劇の仕事に国民賞 2011年
サンスクリット・プラティシュタン賞 人形劇に デリー
デリー・ナトヤ・サング賞 人形劇に
デリー・パルシー・アンジュマン文化賞 (訳注)原文は Sennosuke Yoshida。誤記と思われるので、日本語訳は吉田簑助とした。吉田簑助「頭巾かぶって五十年 文楽に生きて」(1991年、淡交社)218ページに、1976年にストックホルムで、メシュケ氏の招きで三人遣いのワークショップを行った旨の記述がある。
(英語版から日本語訳:玉木暢子)


参考:
アジア太平洋地域データベース: www.accu.or.jp/ich/en/arts/arts1.html
ユネスコ無形文化遺産データベース: www.unesco.org/culture/ich/index.php?pg=00011
世界人形劇芸術百科事典: www.unima.org







3月21日は「世界人形劇の日」!
日本ウニマでもこの日を記念するロゴマークを作りました。
チラシやパンフレット、ポスターなど、いろいろな場所で
ご活用ください。
日本ウニマ事務局にご連絡いただければデータをお送りします。
人形劇の海外論文を読む!in城崎
2016年1月23日(土)10時〜12時30分 会場:城崎国際アートセンター(兵庫県豊岡市)
好評のうちに終了しました。その時使われた論文を掲載しています。
人形劇団京芸 石川幹洋氏翻訳の論文
「成功したい人形劇人に役立つ本当に大事なこと」テリー・リーの論文はこちら↓
http://www.geocities.jp/ningyoushibaitsubameya/ronbun.html

日本ウニマ人形劇年鑑のご案内
人形劇講座の講師派遣事業のご案内

最新情報です ブログ更新停止中
たんぽぽサロンのお知らせ

人形劇のメーリングリスト
「パペットンチ」
メールで人形劇の
仲間と交流しよう
!ppunch
人形劇のホームページ案内

機関紙「人形劇のひろば」【電子版】

「事務局だより」 【電子版】

日本ウニマ人形劇NEWS

2015年3月13日付けでNPO法人の認証を東京都より受けNPO法人設立となりました。
NPO法人設立後の第1回総会は5月23日・24日に仙台市のせんだい演劇10-BOXで開催されました。
24日には「みやぎ人形劇の会」の復活記念も合わせ、「みやぎ人形劇フェスティバル」を開催しました。

ウニマ世界大会が中華人民共和国 成都で開催されました。2012年5月27日〜6月3日
   http://www.unima2012.org/

☆トローサ国際人形劇フェスティバル2010(スペイン)
今年は日本の人形劇が特集されます。(Windows to JAPANES PUPPETRY)
トローサ国際人形劇フェスティバルは、スペイン北部の古都トローサで毎年開催されるユニークなフェスです。

トローサはバスク地方の小都市ですが、昨年、人形劇センターが開設され、スペイン人形劇のセンターとして、
スペインウニマの中心的なセンターとしても位置づけられています。
トローサ国際人形劇センターホームページhttp://www.topictolosa.com/
(写真はTopic<トローサ国際人形劇センター>の外観)

“人形劇のひろば”よりトローサ関連の記事をアップしました。こちらをご覧ください。


☆庄内出羽人形芝居の津盛柳貳郎さんが、第32回庄内文化賞を受賞。おめでとうございます。
受賞を報じる庄内日報より
「全国的に伝統人形芝居の存続が危ぶまれる中、学校や各種施設などで年間20回ほどの公演を行っているほか、
海外の大会にも積極的に参加して賞を受けるなど、国内外で 高い評価を受けている。今回の受賞は、こうした精力的な伝承・普及活動に加え、世界に 庄内の伝統文化を発信し続けて、庄内の文化振興、地域振興に大きく貢献していることが 認められた。」 津盛さんは先代柳太郎さんから引継ぎ、地道に公演活動を続けられこられました。 今回の受賞はそういう活動が認められたということで、人形劇に携わるものとしても、大変 うれしいことです。 みなさんにお知らせして、一緒に喜びたいと思います。
日本ウニマ事務局より

愛知人形劇センター 中康彦氏が「ITCN(世界劇場会議名古屋)文化賞」受賞。おめでとうございます。
「世界劇場会議名古屋文化賞(ITCN文化賞)」とは、
「地域の劇場文化を支えることに貢献した人に対して、その実績に敬意を表するとともに、広く社会に対してそうした人々の存在の価値と周知をはかることを目的とした文化賞を1995年度より開始しました。」(HPより)


国際ウニマについて

2004年国際ウニマ大会

訃報
公益財団法人・現代人形劇センター顧問であり、人形劇団ひとみ座創立者のひとりである
宇野小四郎が、肺疾患のため4月19日逝去いたしました。
享年86歳でした。
ご家族の希望で、葬儀は近親者のみで執り行います。
後日「偲ぶ会」を行う予定でおりますので、改めてご連絡させて頂きます。
ここに生前のご厚誼に深謝し、謹んでお知らせいたします。
2015年4月20日
公益財団法人・現代人形劇センター理事長 塚田千恵美
人形劇団ひとみ座代表 中村孝男

人形劇団ひとみ座団友であり、ウニマ名誉会員である
須田輪太郎さんが、2011年4月30日亡くなりました。享年82歳でした。
須田さんは退団後もいろいろな活動をされていましたが、
今年に入ってからは体調を崩し、入退院を繰り返していましたが
こんなに急なことがあるとは、家族の方も思っていなかった
くらいで、私たちも本当に驚きました。
ご家族の希望で、葬儀はご家族の密葬で執り行います。
☆訃報:ドイツのアルブレヒト・ロ−ゼルさんが
2011年4月17日、逝くなられました。享年88歳でした。
国際ウニマのホームページにローゼルさんの訃報が載っています。
http://www.unima.org/uniE13.htm

☆訃報:「百鬼どんどろ」の岡本芳一氏は、昨年秋より「骨髄異形成症候群」という難病治療の為、松本の信州大学付属病院にて闘病しておりましたが、唯一の治療法である骨髄移植後の経過がはかばかしくなく、合併症などの為、2010年7月6日午前7時14分、享年62才にて永眠されました。世界的にも著名な人形遣いであり、国際ウニマのホームページでも報じられております。御冥福をお祈りいたします。http://www.unima.org/uniE13.htm

☆訃報:人形劇団ちんどん代表・丹下進氏が永眠されました。 長期療養をしておりましたが2010年3月29日、外傷性くも膜下出血で死去、71才。  東海地方初のプロ人形劇団として1967年に誕生した「むすび座」の創設メンバーで92年まで代表を務め、94年に「ちんどん」を設立。脚本・演出家、俳優として多くの公演で活躍されました。御冥福をお祈りいたします。





ネット

日本ウニマへの問合せメール
人形劇に関する問合せはここ
メール
カウンター 人形劇のホームページを探す バナー

玄関

NPO法人日本ウニマ(特定非営利活動法人 国際人形劇連盟日本センター)
151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-3-2F
TEL & FAX  (03)3379-3370
地図